読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

niwacchi.log

niwacchiのログ。

レビュー

イノベーションの神話

Scott Berkun, 村上 雅章 イノベーションの神話 一度読むだけではもったいないかもしれないし、全て覚えておくのは当然ながら無理だろう。 イノベーションは、その影響が大きいがために、本質とはかけ離れた伝説や神話が生まれやすい。それらについて論じて…

死神の精度

伊坂 幸太郎 死神の精度 (文春文庫 (い70-1)) 死神という仕事、という発想が面白い。連作短編集なのだが、伊坂幸太郎の手にかかると、現実感のある非現実なお話になってしまうところが、らしいといえばらしい。しかし、あまり響くところはなかった。刺激を求…

天国はまだ遠く

瀬尾 まいこ 天国はまだ遠く (新潮文庫) 著者は『幸福な食卓』の瀬尾まいこ。 自殺を試みたが死にきれなかった主人公が、それをきっかけに人生を見つめなおす再生ストーリー。田舎の人々と触れ合うことで癒され励まされつつも、そこが自分の居るべき場所では…

こんなに使える経済学

大竹 文雄 こんなに使える経済学―肥満から出世まで (ちくま新書 701) 様々な社会現象を経済学の理屈で説明して、「経済学ってこういうもの」という紹介をしようという試みか。数字もそれなりに出てくる。「禁じられた数字」も出てきた気がする。自分的には経…

憲法力

大塚 英志 憲法力―いかに政治のことばを取り戻すか (角川oneテーマ21) こういう本はすごく久しぶり。でも、どんなこと書こうかな〜と考えてるうちに、得意の忘却力で内容を忘れてしまいそうなので、とりあえず書いとく。 日本国憲法について、改憲派の論理と…

「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い

山田 真哉 「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い 禁じられた数字〈下〉 (光文社新書) 待ちに待った「禁じられた数字<下>」。相変わらずわかりやすい記述で数字について説明してくれている。 禁じられた数字には、1.作られた数字、2.関係のな…

打たれ強くなるための読書術

東郷 雄二 打たれ強くなるための読書術 (ちくま新書 705) 『本を読む本』を読むのは時間がかかるし難しいと感じているならば、本書を読むとよい。著者も明記しているが、『本を読む本』の影響を多大に受けている本。 「打たれ強くなる」とは「知的に打たれ強…

空中ブランコ

奥田 英朗 空中ブランコ (文春文庫 お 38-2) 直木賞受賞作。『イン・ザ・プール』から続く伊良部医師のシリーズの第2弾。受賞したのが『イン・ザ・プール』ではなく第2弾の本書である理由はよくわからない。 相変わらずシュールな症状を抱える患者が伊良部…

イン・ザ・プール

奥田 英朗 イン・ザ・プール (文春文庫) 文庫が発売されたばかりのころは、本屋で手にとってみても読みたいと思わなかったのだが、このたびは抵抗無く購入した。以前につれなくしたのが嘘みたいに。 型破りな(しかも、一般的にカッコよくない方向の)精神科医…

ぶたぶたと秘密のアップルパイ

矢崎 存美 ぶたぶたと秘密のアップルパイ (光文社文庫 や 24-5) 光文社文庫の書き下ろしのなかでは最新作の「ぶたぶた」。『ぶたぶたのいる場所』とは舞台設定に関連はないようだ。喫茶店の「裏支店」のような店舗をきりもりする「ぶたぶた」の話。今回は何…

フリーズする脳

築山 節 フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる (生活人新書) 思い当たることが多々あって怖い。言葉が出てこない、思考が停止するといった症状が最近多いと思ったら要注意。そういう症状を「フリーズする」という言葉に例えたもの。 著者が次の2点を…

ぶたぶたのいる場所

矢崎 存美 ぶたぶたのいる場所 (光文社文庫) タイトルに魅かれて買ってみたのが1月2日、小樽の紀伊国屋にて。やっと読んでみた。 「ぶたぶた」とは人間ではなく、ぶたのぬいぐるみ。そして、ホテルマンでもある。本書は連作ファンタジー小説。著者の「ぶたぶ…

なまら北海道だべさ!

千石 涼太郎 なまら北海道だべさ!! (双葉文庫 せ 6-2) う〜ん、なんと言えばいいか。。まあ、読んでて面白いことは面白い。ステロタイプ的ではあるが、間違ってないでしょう。しかし、著者は一応北海道出身だが、その視線は、道内の人ではなく、道外の人のも…

読みの整理学

外山 滋比古 「読み」の整理学 (ちくま文庫 と 1-3) 1981年に出版された『読書の方法』に加筆・修正したもの。 読み方には大別して2種類あるという。難しい本を敬遠しがちになってしまうのには理由がある。それは、「未知である」ということ。未知の文章を…

間宮兄弟

江國 香織 間宮兄弟 (小学館文庫 え 4-1) 著者のあとがきに「愉快に快適に暮らすのは有意義なことです。たとえ多少「へん」に思われても。」という言葉がある。 本書の内容についての説明は、この言葉にに尽きるといっていいが、もう少し書いておくと、30歳…

あなたはコンピュータを理解していますか?

梅津 信幸 あなたはコンピュータを理解していますか? 10年後、20年後まで必ず役立つ根っこの部分がきっちりわかる! (サイエンス・アイ新書) 「コンピュータとは何?」という疑問について、素人向けにわかりやすく答えた本。たぶん、いままで読んだ中では一番…

食い逃げされてもバイトは雇うな

山田 真哉 食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 〈上〉 著者の前作『さおだけ屋はなぜつぶれないのか』よりもわかりやすい。会計やビジネスにおける「数字」といえば「お金」が大半を占めるのだが、本書は「お金」の話の前に「数字」の性質をわか…

チーム・バチスタの栄光

海堂 尊 チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 599) 海堂 尊 チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 (600)) 昨夜から読み続けて約5時間で読了。手放しでお薦めだが、一…

ザ・ファシリテーター

森 時彦 ザ・ファシリテーター ぜひ「2」も読みたいと思うが、とりあえず最初のやつ。そもそも「ファシリテーション」というものが何なのかよくわかっていなかったので、ちょっと知っとくかと思ったのが読んだキッカケ。 人や組織を目標へ向けて動かす人が…

失敗は予測できる

中尾 政之 失敗は予測できる (光文社新書 313) 著者は「失敗学」の畑村洋太郎のお弟子さんらしい。 大きく「失敗は予測できる」「失敗は回避できる」「失敗から逆転する」という3つの章立てで、失敗の具体例を挙げつつ、失敗学の観点から失敗をパターン化し…

文章のみがき方

辰濃 和男 文章のみがき方 (岩波新書 新赤版 1095) う〜ん、いろいろと耳が痛い内容だった。 本書は、目次まではタイトルどおりなのだが、内容は技法についてではない。「こうすべき」というハウツー本ではない。各章のテーマについて、実際の作家達がどのよ…

太陽の塔

森見 登美彦 太陽の塔 (新潮文庫) 2003年の日本ファンタジーノベル大賞受賞作。著者は森見登見彦。近いところでは『夜は短し歩けよ乙女 』が有名か。京都を舞台にした私小説だが、主人公の気持ちをひたすら書き続ける。想像力のままに文章になっている感じで…

SaaSで激変するソフトウェア・ビジネス〜ソフトウェア業界を揺るがす破壊的イノベーション〜

城田 真琴 SaaSで激変するソフトウェア・ビジネス ~ソフトウェア業界を揺るがす破壊的イノベーション~ SaaS(Software as a Service)の全体像を理解するには最適かも。深すぎず浅すぎず、広すぎず狭すぎず。 極論かもしれないが、ソフトウェアがビジネスにな…

効率が10倍アップする新・知的生産術 自分をグーグル化する方法

勝間 和代 効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法 「レバレッジ〜」と共通する部分が多い。それにしても、本書に書かれている「術」を実践するには、ある程度のパワーが必要だと思うので、誰にでもできる「術」ではないように思う。…

思春期ポストモダン

斎藤 環 思春期ポストモダン―成熟はいかにして可能か (幻冬舎新書 さ 4-1) 知らなかったけど、著者はお医者さん。「ひきこもり」の第一人者らしい。 本書は、ひきこもり、問題としてのニート、いじめ、登校拒否、自傷、自殺といった、若者の社会における問題…

てのひらの迷路

石田 衣良 てのひらの迷路 (講談社文庫 い 101-3) ショートショートのことは日本語では「掌編集」というらしい。「てのひらサイズ」ってこと。石田衣良のショートショート。内容は自分の体験のもとにしたものから、流れるように作ってみたストーリーまで様々…

失敗を生かす仕事術

畑村 洋太郎 失敗を生かす仕事術 (講談社現代新書) 「人は誰でも失敗する」という前提で作業することは、実は結構難しいもの。基本的に「失敗は許されない」という気合で作業に取り掛かることが多いもの。しかし、それでは「失敗を生かす」という視点が弱く…

コーンクリームスープ

川西 蘭 コーンクリームスープ (ピュアフル文庫 か 2-1) 「初めて「川西蘭」の小説を手にとった中高生」ではなく、「「あ、川西蘭。懐かしいな」と本書をてにした、かつての中高生」として、読んでみた。 あらすじにある「正統派ボーイミーツガール小説」と…

脳が冴える15の習慣

築山 節 脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書) 15のカテゴリーに分けて、脳のためになる生活習慣を紹介。紹介されている生活習慣は、簡単に言えば次のような感じ。 ・早寝早起き。 ・家事を行う。※脳トレ効果 ・生活にリズムを作る。…

人にいえない仕事はなぜ儲かるのか?

門倉 貴史 人にいえない仕事はなぜ儲かるのか? 角川oneテーマ21 タイトルは地下経済の話っぽいが、それがメインではない。著者はもともとは地下経済が専門のエコノミストだが、地下経済を題材に、お金の運用についての考え方を書こうということのようだ。お…

後手という生き方

瀬川 晶司 後手という生き方―「先手」にはない夢を実現する力 (角川oneテーマ21 (A-60)) 著者は、61年ぶりに特例で実施された編入試験をクリアしてプロ棋士になった瀬川晶司氏。タイトルでいう「後手」は将棋の先手・後手に由来する。「先手必勝」ではない将…

構造化するウェブ

岡嶋 裕史 構造化するウェブ (ブルーバックス 1577) 情報システムは密結合から疎結合を指向するようになり、それとともに、プログラムも手続き型→オブジェクト指向→サービス指向へと要求が変遷する。但し、どれが理想というわけではなく、現状により適した形…

世界最高のジャズ

原田 和典 世界最高のジャズ (光文社新書) ジャズは好きだが、ジャズ本を読むのは初めて。つい熱中して読んでしまった。内容は、おそらくこの手の本には共通しているのではないかと思える語り口で展開する。有名どころのミュージシャンについて、その生い立…

ウェブ時代をゆく

梅田 望夫 ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687) 一面では、「能動的にネット依存すること」を説いている。ネットをとことん利用してやれということだが、それを支えるのが「もうひとつの地球」「高速道路」「手ぶらの知的生産」と…

そろそろ本気で継続力をモノにする!

大橋 悦夫 そろそろ本気で継続力をモノにする! 著者はシゴタノ! の大橋悦夫氏。もう、ライフハック系の本は結構読んだはずだし、こんなに読む必要は無いはずだが、つい読んでしまう。中毒気味。でも、本書はちょっと視点を変えてあるのでいいことにする。 …

スーパーエンジニアへの道

G.M. ワインバーグ, G.M.ワインバーグ, 木村 泉 スーパーエンジニアへの道―技術リーダーシップの人間学 ワインバーグ本、2冊目。通勤途中にちまちまと読んでてやっと読み終わった。 タイトルが強烈だがサブタイトル「技術リーダーシップの人間学」のほうが…

議論のルールブック

岩田 宗之 議論のルールブック (新潮新書) 帯には「ネットはなぜ炎上するのか?」とある。インターネット上の、お互いに素性を知らない者同士の、テキストデータのみのやり取り、において発生する「炎上」を検証したもの。 「炎上」はリアルな世界での「議論…

ワーキングプア

門倉 貴史 ワーキングプア いくら働いても報われない時代が来る (宝島社新書) 働けど働けど楽にならざる時代の話。もちろん、今のこと。日本人の4人に1人が生活保護水準で暮らしている現実、誰でも突然にワーキングプアになり得る日本の労働社会と雇用シス…

ちょいデキ!

青野 慶久 ちょいデキ! (文春新書 591) いわずと知れたサイボウズ代取の著。仕事術本にカテゴライズされると思うが、今まで読んできたのとはちょっと違う。著者本人の試行錯誤がわかりやすい文体で書かれているうえに、すごく親近感が持てるレベルなのだ。ま…

スタバではグランデを買え!

吉本 佳生 スタバではグランデを買え! ―価格と生活の経済学 言われなくともスタバではグランデしか買ってないが、別にスタバの宣伝本ではない。身近な題材でお金の話、経済の話をしようという本。大学の教科書よりよっぽどわかりやすい。難しい経済理論本よ…

天使の梯子

村山 由佳 天使の梯子 (集英社文庫 む 5-19) 久しぶりの村山由佳。2006年に映画化された『天使の卵』の続編。前作の衝撃のラストから10年を経た設定。 年の離れた二人の恋愛をベースに、片方は姉の死の前の、片方は祖母の死の前の、自分の言動の後悔を抱えて…

下流社会 第2章

三浦 展 下流社会 第2章 なぜ男は女に“負けた"のか (光文社新書) ちっ、つい読んじまった。統計的手法だかなんだか知らんが、いまいちぴんとこない。精神的な部分まで短絡的かつ断定的に定義してしまう部分は納得いかない。考察が不足している気がする。前作…

ライフハックス心理学

佐々木 正悟 ライフハックス心理学 みるみる「やる気」と「時間」を引き出す43の方法 衝動買い。『スピードハックス』『チームハックス』の心理学のほうの佐々木正悟氏の著作。出版社がASCIIだという理由になるかどうかわからない理由もあり、本屋で見つけて…

3時間台で完走するマラソン

金 哲彦 3時間台で完走するマラソン まずはウォーキングから (光文社新書) タイトルはちょっとものものしいが、サブタイトルが「まずはウォーキングから」。一般市民ランナー向けの内容。でも、日常の体力づくりとして「走る」ことを考えている人ならだれで…

「関係の空気」「場の空気」

冷泉 彰彦 「関係の空気」 「場の空気」 (講談社現代新書) 日本語の特徴は「空気」であり、日本語特有のぼかし表現が「空気」を作り出す。そのうち、一対一の会話における空気を「関係の空気」、三人以上の場における空気を「場の空気」と定義する。本書は、…

チームハックス

大橋悦夫/佐々木正悟 チームハックス 仕事のパフォーマンスを3倍に上げる技術 『スピードハックス』 のチーム版。スピードハックスは、制約の多い作業に従事している場合に応用できないことが多かったが、本書は違う。チームで作業している場合にはほぼ応用…

実戦 小説の作法

佐藤 洋二郎 実戦 小説の作法 (生活人新書) 小説の書き方の本かと思ったが、そうでもない。筆者の「小説」についての考え方が延々とつづられている内容。古きよき時代の「小説」「文学」への賛美と、現代の「小説」「文学」への批判。しかも、最後に自分の作…

レバレッジ勉強法

本田直之 レバレッジ勉強法 レバレッジ3冊目。ちなみに『レバレッジ・シンキング』は読んでない。 以前の『レバレッジ・リーディング』はそのものが自分のリーディングに対する考え方とかけ離れている気がするのでしっくりこなかった。『レバレッジ時間術』…

思考の整理学

外山 滋比古 思考の整理学 (ちくま文庫) 外山滋比古のエッセイ。冒頭から、知識を身につけることに長けるだけではなく、創造できることが大切だとの立場から、前者をグライダー、後者を飛行機に例えつつ、全33編のエッセイが掲載されている。 前半は概ねタイ…

セカンドライフ創世記

鴨沢 浅葱/山崎 潤一郎/山崎 秀夫/滑川 海彦/増田 真樹/渡辺 弘美/GMO Venture Partners株式会社 セカンドライフ [Second Life] 創世記 3Dインターネット・ビジネスの衝撃 セカンドライフってあんまり魅力を感じてないが、一応、一般知識として知っとくべき…