niwacchi.log

niwacchiのログ。

2013年の振り返り

を書きました。http://niwacchi.hatenablog.com/entry/2013/12/19/222156

2013年の振り返り

さて、半年ぶり。こんなつもりじゃなかったのに。 まだ10日ほどあるけど、振り返りくらいはしておこう。[仕事関係] ・今の案件が1年越えで継続中。ほぼ月イチで出張という状況。1年前は「残業も厭わずやる!」と考えてて、実際にやってみたら、ぶっ倒れ…

.bash_profileとか.bashrcとか

たまに見直すときに忘れがちなのでメモ。 .bashrcにaliasとか書く。 .bash_profileに以下を書く。 if [ -f ~/.bashrc ]; then . ~/.bashrc fi

『デザインの骨格』

プロがどんな思いで仕事をしているのか。と、同時に、自分の仕事はどうか。その妥協は正しいのか。そんな疑問が自分の仕事に対して新しいモチベーションを生み出すことがある。 デザインにまつわるエッセイ1つ1つももちろん面白いのだけれど、全体から受け…

高パフォーマンス ASP.NET アプリケーションの開発

高パフォーマンス ASP.NET アプリケーションの開発

『真夜中のパン屋さん 午前2時の転校生』

つい、買ってしまった。2作目でもういいとおもってたのに。3作目となる本作も、意外にも楽しめたのは半分まで。後半はもう苦しい。。。さらに「次回に続く」的な結末なので、また買ってしまう気がしてならない。 真夜中のパン屋さん 午前2時の転校生 (ポプラ…

『ぶたぶた図書館』

本を題材にしたストーリーが好きでしょうがない。よい絵本、その面白さは読者の年齢を問わない。そのロングセラーぶりもすごい。そんな雰囲気が詰まってる。 本、特に過去に出版された本を題材にしたストーリーの場合、長い時間軸の行戻りが主背景を構成する…

新年

新年、なのではあるが、仕事して、iPad miniを買って、実家の買い出しと雪かきを手伝い、iPad miniをいじりながら、久しぶりに実家で年越ししつつ、お酒を飲んで、地元の神社に初詣に行って、寝て起きたら2013年で、4日には再び仕事をして、淡々と流れていく…

購入したキーボードの試し書き

新しいキーボードを購入した。今までは値段が高めのキーボードしか買ったことがなかったが、本日購入したのはコンパクトキーボード。1500円程度。baffaloのBSKBU05の黒。いいと思ったのは、コンパクトな「わりに」キータッチはいい。やはりメンブレン。さら…

動的なTextBox

C#

TextBox txtMain = new TextBox(); txtMain.Width = Unit.Pixel(120); txtMain.Height = Unit.Pixel(20); txtMain.TextMode = TextBoxMode.MultiLine; divMain.Controls.Add(txtMain);

11/18の札幌

吹雪。

コミュニケーションについてメモ

・コミュニケーションのとり方 ・会話の仕方

『Coders at Work』

Coders at Work プログラミングの技をめぐる探求作者: Peter Seibel,青木靖出版社/メーカー: オーム社発売日: 2011/05/25メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 11人 クリック: 360回この商品を含むブログ (36件) を見る読むのに随分時間がかかったが、いろ…

Web.Configの分割/SQLの管理方法の検討

SQL.Configを作って、Web.Configで読み込ませて、とかどうかな。 Modelの実装の方針が大体決まった。メソッド名はもう少しリサーチ。

手帳と新年

ここ数年、手帳は「ほぼ日手帳」を使っています。使っているといっても、ヘビーユーザーではなく、むしろ、真っ白なページが大半を占めています。 明日から仕事なので、ちょっと遅いですが、先々月に購入した手帳をとりだし、眺めていると、気が引締まる感じ…

仕事納め。

仕事納め。なんとかキリのいいところまで。年明けは出張がありそう。

仕事納まらず。。

今日は、会社で大掃除と納会があった。金麦を一缶あけて、仕事を再開。明日も仕事。 今日ではなく昨日の事なのだが、グループリーダーとの面談があった。そのグループリーダーは技術に関しては「神」のような人かと思ってたんだけど、本人は「神」であること…

はてなブログ

ちょっと思ったのだが、はてなブログは、はてなダイアリーとは別ものになるのでしょうか。はてなダイアリーの延長で使えるというサービスではないのかな。それはさておき。ここ2,3年ほど、ブログをあまり書かない年が続いたので、また書いていきたい。見…

『しあわせのパン』

ええと、ちょっとまとめられないんだけど、すごく「シンプルな小説だな」という感じがしました。いい意味で。一本、芯を決めて、書きたいように書いた、という感じ。巻末付録も含めて、内容的にも、この小説の世界がまるっとひとつにまとまっている。そうい…

PATHの管理

Mac

/etc/paths に記述されていて、記述順=優先順。パッケージ管理をHomebrewに変えたので、/usr/local/bin、/usr/local/sbin を /usr/bin、/usr/sbin より優先したいときなんかに変更する。

Rubyをrvmで管理

rvmをインストール curl -s https://rvm.beginrescueend.com/install/rvm > rvm-install.sh ./rvm-install.sh .bash_profileの設定例 # Load RVM function [[ -s "$HOME/.rvm/scripts/rvm" ]] && . "$HOME/.rvm/scripts/rvm" rubyをインストール ※インストー…

テキストファイルを読み込んでのカンマ区切りデータを分割するやつ

明日の自分に私信。 use strict; use warnings; my $dirname = "./Data"; opendir(DIR, $dirname) or die "$dirname: $!"; my @dirs = readdir(DIR); foreach my $entry (@dirs) { if( $entry =~ /\.txt$/ ) { #echo $entry."\r\n"; open(FILE,"$dirname/$en…

ホテル・ニューハンプシャー

題名も著者名も「チラッと聞いたことあるような」といった感じのまま購入したもの。読みながら調べたら、映画にもなってるし、アメリカ文学では著名な作品らしい。 主人公の父母の馴れ初めから始まり、父の思いのままにアメリカとヨーロッパを行き来する一家…

メモ

GAE

読んだりするやつ。 http://code.google.com/intl/ja/appengine/docs/whatisgoogleappengine.html http://code.google.com/intl/ja/appengine/articles/cf1-text.html http://code.google.com/intl/ja/appengine/docs/python/overview.html http://code.goog…

1・3/4フロント

2回宙返り1/2捻りの段階としてやってるんだけど、1・3/4フロントの形にこだわりすぎてた。それだけだと、最終目標につながる気がしてなかった。「入りの姿勢と気持ちを2回宙返り1/2捻りやるつもりで」ということを意識してかけるようにしてみたら、ちょっと…

Twitterにおける大規模システム構築、3つの原則 - Publickey

記事読んだメモ。 データとしては Twitterでは1日に約155ミリオンのツイートが発生している。1週間に1ビリオン。 ピーク時は1秒間に6939ツイート。日本のお正月ツイート。 1日に46万アカウントが新規作成。 3つの原則 プラグマティズム 実際…

『キュレーションの時代』

キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)作者: 佐々木俊尚出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2011/02/09メディア: 新書購入: 57人 クリック: 2,260回この商品を含むブログ (200件) を見るソーシャルメディアの台等によって、情報…

『シューカツ!』

シューカツ! (文春文庫)作者: 石田衣良出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2011/03/10メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 12回この商品を含むブログ (13件) を見る自分が新卒で就職したときのことを思い出してみよう。どんな仕事がしたかったのか。思い描いた…

『極北クレイマー』

なんか、いろいろ痛い気持ちになる。極北クレイマー 上 (朝日文庫)作者: 海堂尊出版社/メーカー: 朝日新聞出版発売日: 2011/03/20メディア: 文庫 クリック: 13回この商品を含むブログ (32件) を見る極北クレイマー 下 (朝日文庫)作者: 海堂尊出版社/メーカー…

『四十九日のレシピ』

久しぶりに「良質な小説」を読んだ、という気分。主要な登場人物は女性のほうが多いのだが、恐らくは男性が読むべき本。子供ができない主人公とその夫、妊娠した夫の愛人という冒頭の構図は、それだけを見ればありがちな現代劇に聞こえてしまうが、そういっ…