読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

niwacchi.log

niwacchiのログ。

国会議員は誰のために手柄を立てる?

その他

 堀江メール関連騒動もなんとか収束しつつある。渦中の永田議員は熱血そうな面構えだが、自分のリズムが一旦崩れると脆さを露呈してしまった。

 手柄を立てたかったのだろうか。或いは三流週刊誌並みのジャーナリズム精神を披露したかったのだろうか。はたまた、議員としてハクを付けたかったのだろうか。いずれにしてもお粗末な“爆弾発言”となってしまったが、勘違いもはなはだしい。明らかに権威主義的な彼の行動・態度は国会議員である資格がない。国会議員とは個人のハク付けのための仕事ではないし、国会は自己満足のはけ口とも違う。「爆弾発言も国会議員の仕事だ」と彼が思っていたのならば、彼には議員辞職を勧める。ついでに言うと、一旦辞職した議員は、国会および地方議会含めて、政治の世界から永久追放するべきだ。「国政を担う」ということ。この意味をもっと考えて欲しいものだ。そもそも定員が多すぎる国会において、資質のない議員が多すぎる。

 国会議員は国民のために手柄を立てる。それ以上でもそれ以下でもない。そうすれば、もう少し謙虚になれるはずだし、間違っても「先生」などと呼ばれて平気で居られるはずがないのだから。