読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

niwacchi.log

niwacchiのログ。

セカンドライフ創世記

鴨沢 浅葱/山崎 潤一郎/山崎 秀夫/滑川 海彦/増田 真樹/渡辺 弘美/GMO Venture Partners株式会社
セカンドライフ [Second Life] 創世記 3Dインターネット・ビジネスの衝撃


 セカンドライフってあんまり魅力を感じてないが、一応、一般知識として知っとくべきかもと思ったので読んでみた。値段も内容もまあまあ手ごろかな。


 セカンドライフとは、リンデン・ラボ社によって開発・運営されているインターネット上の3D仮想世界。個人だけではなく、企業や政府団体も進出している。

 仮想世界の通貨と現実世界の通貨が交換可能であることから、仮想世界でのビジネスをもとに巨額の利益をあげているユーザもわずかだが存在する。ユーザはPCで専用クライアントビューアを使用して利用する。日本語版もリリース済み。

 その他、リンデン・ラボ社の歴史、セカンドライフの技術、将来的な展望など、とりあえず総まとめするにはぴったり。但し、批判的な目を持って読むことをお勧めする。


 セカンドライフの利用や普及で必ずネックになるのは、快適に利用するには高速回線とグラフィック性能の高いPCが必要であること。割り切っているいるのかもしれないが、いわゆる「IT先進国」向けのサービスということ。

 疑似体験という意味でも、完全ではない。通信教育の延長で、教育サービス、Eラーニング分野での利用も活発なようだが、これが「実習も疑似体験で」ということになると話が違う。いくらアバターを利用していたとしても、リアルな対人コミュニケーションとは同じ体験は不可能だと思う。その辺の肯定的な記述には違和感があってしょうがない。


 仮想は仮想にすぎない。ビジュアルは「リアルさ」はあっても「リアル」ではないのだと思う。