読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

niwacchi.log

niwacchiのログ。

Oracle Master Silver PL/SQL Developerのテスト内容

  • PL/SQLプログラムの概要
    • PL/SQLプログラム構造体の説明
    • PL/SQLブロックのコンポーネントの理解
    • サブプログラムの利点の理解
    • ストアド・プロシージャおよびストアド・ファンクションのコール方法の説明
  • プロシージャの作成
    • ストアド・プロシージャの定義
    • プロシージャを作成する開発ステップの理解
    • プロシージャの作成
    • 仮パラメータおよび実パラメータの相違の説明
    • パラメータ・モードのタイプの理解
    • パラメータを使用したプロシージャのコール方法の理解
    • パラメータのDEFAULTオプションの説明
    • パラメータを使用したプロシージャの作成
    • パラメータが含まれるプロシージャのコール
    • プロシージャの宣言部におけるサブプログラムの定義
    • 例外の伝播方法の説明
    • プロシージャの削除
  • ファンクションの作成
    • ストアド・ファンクションの定義
    • ファンクションの作成
    • ファンクションのコール方法の理解
    • SQL文からユーザー定義ファンクションをコールすることの利点の表示
    • SQL文からユーザー定義ファンクションをコールする場合のコールできる場所の理解
    • SQL文からファンクションをコールする場合の制限の説明
    • ファンクションの削除
    • プロシージャとファンクションの相違の説明
  • サブプログラムの管理
    • システム権限とオブジェクト権限の対比
    • 権限の付与
    • 実行者権限と定義者権限の対比
    • ストアド・オブジェクトを管理するためのデータ・ディクショナリ・ビューの理解

  • パッケージの作成
    • DESCRIBEコマンドを使用したパッケージの説明およびコンポーネントの理解
    • パッケージ仕様部および本体の理解
    • パッケージの作成: 関連する変数、カーソル、定数、例外、プロシージャおよびファンクションの作成
    • パッケージ構成のパブリックまたはプライベート指定
    • パッケージ構成の実行
    • 本体のないパッケージの使用
    • パッケージの削除
    • パッケージの利点の理解
  • パッケージ(詳細)
    • オーバーロード機能を使用するパッケージの記述
    • 前方宣言の使用
    • 相互参照サブプログラムによるエラーの説明
    • パッケージの初期化部による変数の初期化
    • パッケージ変数およびパッケージ・カーソルの持続状態の理解
    • SQL文におけるパッケージ・ファンクションの使用に関する制限の理解
    • SQL文からのパッケージ・ファンクションのコール
    • パッケージにおける索引付き表およびレコードの使用
  • オラクル社が提供するパッケージ
    • システム固有の動的SQLを使用する利点の説明
    • SQL文の実行の流れの理解
    • EXECUTE IMMEDIATEの使用
    • Oracle Serverで提供されるパッケージ: DBMS_SQLDBMS_DDLDBMS_JOB、DBMS_OUTPUT、UTL_FILE、UTL_HTTPおよびUTL_TCPの使用方法と用途の説明
  • ラージ・オブジェクトの操作
    • LONGとラージ・オブジェクト(LOB)データ型の比較
    • LOBデータ型の作成および保守
    • 内部LOBと外部LOBの区別
    • BFILEの理解および管理: ディレクトリの作成、BFILEの使用、BFILEのロード、BFILENAMEファンクションの使用
    • LONGからLOBへの移行
    • DBMS_LOBパッケージの使用
    • LOB列の作成および移入
    • LOBに対するSQL操作の実行: SQLによるLOBの更新、LOBからの選択、LOBの削除
    • 一時LOBの使用方法の説明
  • データベース・トリガーの作成
    • 各種トリガーの説明
    • トリガーの使用方法の理解
    • トリガー設計のガイドラインの理解
    • DMLトリガーの作成
    • DMLトリガー・コンポーネントの理解
    • トリガー起動順序の説明
    • DMLトリガーにおける条件述語の使用
    • 行トリガーの作成
    • 文トリガーの作成
    • データベース・トリガーにおけるOLDおよびNEW修飾子の使用
    • INSTEAD OFトリガーの作成
    • ストアド・プロシージャとトリガーの相違の説明
    • トリガー実行モデルの説明
    • トリガー・ステータスの変更
    • トリガーの削除
  • トリガー(詳細)
    • データベース・トリガーの定義
    • データベース・トリガーを起動させるイベントの説明
    • DDL文のトリガーの作成
    • システム・イベントのトリガーの作成
    • CALL文の機能の説明
    • 変更表の説明
    • トリガーを実装する具体的なケースの理解
    • トリガーの管理に必要な権限の理解
    • データ・ディクショナリ・ビューにおけるトリガー情報の表示
  • 依存性の管理
    • プロシージャの依存性の追跡
    • 依存オブジェクトおよび参照オブジェクトの説明
    • ローカル依存性の定義
    • データ・ディクショナリ・ビューにおける依存性情報の表示
    • UTLDTREEスクリプトの使用方法の説明
    • IDEPTREEおよびDEPTREEビューの使用方法の説明
    • リモート依存性の説明
    • リモート依存性の管理方法の理解
    • コンパイルが失敗するケースの説明
    • コンパイルが成功するケースの説明
    • 依存性の障害を最小限にする方法の理解