読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

niwacchi.log

niwacchiのログ。

レバレッジ勉強法

本田直之
レバレッジ勉強法
 レバレッジ3冊目。ちなみに『レバレッジ・シンキング』は読んでない。

 以前の『レバレッジ・リーディング』はそのものが自分のリーディングに対する考え方とかけ離れている気がするのでしっくりこなかった。『レバレッジ時間術』についてはまあまあ納得。そして、本作でやっと「レバレッジ」を納得。

 社会人の勉強スタイルを考えるにあたって、大まかに次の2つがあると思う。ひとつは、ライフワークとしての勉強。もうひとつは、戦略的な勉強。前者は勉強そのものが目的といえるが、後者は勉強そのものは目的ではない。本作は後者のほう。

 勉強自体が目的で無い以上、不必要な研究心は極力排除して、目的に向けた最短距離で勉強をすすめるべきだという主張。実は自分はこういう勉強の仕方は苦手。のんびりゆっくりと回り道な勉強が好きなので、完全に逆を行く。例えば資格なんかをとりたいと思ったときにも学生時代からのノリで回り道をしていたように思う。

 しかし、「資格をとる」というような戦略的な目的に対してはやはり最短距離で、並行してワイフワーク的な勉強はじっくりと、という感じで割り切った使い分けをしていいのじゃないかということに、今更ながら気づかされた。

 本作『レバレッジ勉強法』のための『レバレッジ・リーディング』という視点で見ると、このシリーズしっくり来る。『レバレッジ勉強法』に出てくるような高効率な勉強というのは、正直縁が無いだろうと思っていた(志向的にも能力的にも)が、自分の能力の範囲内での使い分けをすればいいじゃないということ。ちょっと考え直させられた。