読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

niwacchi.log

niwacchiのログ。

議論のルールブック

レビュー

岩田 宗之
議論のルールブック (新潮新書)
 帯には「ネットはなぜ炎上するのか?」とある。インターネット上の、お互いに素性を知らない者同士の、テキストデータのみのやり取り、において発生する「炎上」を検証したもの。

 「炎上」はリアルな世界での「議論」の仕方を知らない者同士が発生させるという視点から、「議論」の作法を論じている。

 前半では、「炎上」の要因について、「感情論」「インチキ理論」「冷笑主義者」「匿名」というキーワードを挙げ、それらを分析することで検証していく。

 中盤では、「議論」の定義について論じる。「客観性」「正当性」「意見」とは何かという論点。

 後半では、「発言者の心得」。そして、おまけ的ではあるが「謝罪」とは何かという論点も紹介。

 「議論」の仕方を知るためには、



 通常は、議論のルールというものは、学校教育をきちんと受けていれば意識しなくても身についていくことだと思っている。では、なぜ、インターネット上の炎上は起こるのか。それは、「議論」の仕方を知っていても発生しうるのではないかと思う。インターネット上の炎上は、「テキスト」のやりとりでしかないことと、「素性を知らない者同士」という点に要因があると考えている。人間の心理の問題だ。テキストのみの場合は、対面してないことによる気配りの欠如が発生しやすい。さらに踏み込むと、「気配りをしなくても許される。」という勘違いが蔓延しやすいからではないかと思う。後者もしかり。つまり、炎上することの要因は「議論の仕方」よりも、「気配りの欠如」が大きいのではないかと思っている。