読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

niwacchi.log

niwacchiのログ。

ウェブ時代をゆく

レビュー

梅田 望夫
ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)
 一面では、「能動的にネット依存すること」を説いている。ネットをとことん利用してやれということだが、それを支えるのが「もうひとつの地球」「高速道路」「手ぶらの知的生産」という考え方なのだろう。

 さらに、ネットの世界のありようと似た(あくまで「似た」と思う)、小組織におけるとことんにオープンな情報共有が持つ力や新しいリーダーシップの考え方についての分析。



 この本読んでるとかなり焦る。特に人生論の部分では、「俺は今のままでいいのか?」みたいな。でも、いいことにする。焦るとろくな事無いから。

 働き方については、すごく納得。自分はまだまだ「旧来の世界」で飯を食っているけど、「覚悟」と「過剰適応しない」ことは心がけてる。

 知的生活についてはまだまだいい意味でのネット依存が足りないと反省している。もっともっと可能性があるだろうと思ってるし(それじゃなきゃこの業界で仕事してない)、もっともっと自分の好きなことしたいと思う。まだまだ実力が足りないけど。

 『ウェブ進化論』よりもさらに「個」にフォーカスした内容になってるので、いろんな人に読まれるといいな度合いは高いな。会社の社長室に投げ込んどくか(嘘)。