読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

niwacchi.log

niwacchiのログ。

太陽の塔

レビュー

森見 登美彦
太陽の塔 (新潮文庫)
 2003年の日本ファンタジーノベル大賞受賞作。著者は森見登見彦。近いところでは『夜は短し歩けよ乙女
』が有名か。京都を舞台にした私小説だが、主人公の気持ちをひたすら書き続ける。想像力のままに文章になっている感じでうらやましい。しかし、主人公を振った相手が魅せられている「太陽の塔」がどういう役割なのかよくわからなかった。そこに通いつめる彼女の行動を中心線において主人公を含む男どもの行動を読むべきなのか、「太陽の塔」の彼女にとっての魅力が主人公と同類の男どもの性質との対比なのか。読みやすいけど、フシギ系。。