読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

niwacchi.log

niwacchiのログ。

『死因不明社会 -Aiが拓く新しい医療-』

 『チーム・バチスタの栄光』の著者によるブルーバックス。日本の解剖率が死体数のわずか2%であるという現状を「死因不明社会」と断じる。つまり、死亡診断は死亡診断書を作成する手続きでしかない。
 この「死因不明社会」という現状を打開するためにはどうすればよいのか。「解剖」自体について考えたとき、解剖をしようとする側と解剖される死体の遺族側の双方にとって、相当にストレスのかかるものである。そのストレスをできる限り避けるという意味においても、Ai(死体の画像診断)が有効であるということ。Aiを事前に行うことで、解剖の必要性の有無の裏づけを得られることになる。
 現在の「死亡時医学検索」に対する医学界や医療行政の姿勢への批判や、改革への臨床や研究、そういった普段はほとんど意識したことが無かったことが垣間見える。医療ミステリーをミステリーだけで終わらせないということ。著者の小説を読むなら本書もとりあえず読んでおく必要がある。
 但し、内容は医学用語や統計が多くて読みやすいものではなかった。とりあえずざっと読んどこうってことで。
Amazon.co.jp: 死因不明社会―Aiが拓く新しい医療 (ブルーバックス): 海堂 尊: 本