読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

niwacchi.log

niwacchiのログ。

『螺鈿迷宮』(上・下)

 著者は『チーム・バチスタの栄光』の海堂尊。こちらのほうが「終末医療」をテーマにしている分、恐らく大抵の読者にとってバチスタ手術よりも身近な内容なので、面白いと感じるかもしれない。自分もこちらのほうが面白かった。
 登場人物や施設、地名などの背景は『チーム・バチスタ〜』とリンクする、というより同一時代同一背景であると言ってよいだろう。「碧翠院」「桜宮病院」の闇を探るべく送り込まれた面々と、病院の一族の駆け引き。そして最終的には全てを結びつける因縁が明らかとなる。
 ミステリーとしてはありがちな展開だが、『チーム・バチスタ〜』より面白いもうひとつの理由は、むこうが理詰めな描写で収支するのだが、本書は神秘的な描写もからめてあるところがエンタテインメントとしては上なのかなとも思えるから。
 あと、本書を読む前に著者の『死因不明社会』を読んでおくとより楽しめる。本書は小説としてのエンタテインメントに徹して、医療関連の知識については前者でという感じで。

螺鈿迷宮 上 (角川文庫)

螺鈿迷宮 上 (角川文庫)

螺鈿迷宮 下 (角川文庫)

螺鈿迷宮 下 (角川文庫)