読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

niwacchi.log

niwacchiのログ。

『まほろ駅前多田便利軒』

 2006年の直木賞受賞作。三浦しをんの本は初めて読んだ。装丁とタイトルで衝動買い。
 便利屋を営む主人公と高校時代の同級生。お互いバツイチで何やら訳ありな感じで暮らしている。似たような境遇の同級生の人生に触れるたびに、便利屋の客の訳ありな人生に触れるたびに、主人公は自分の人生を見つめなおしていく。
 一度読んだだけではなかなかテーマみたいなものはわかりづらい気がする。読むのは難しくないし、面白い内容なのだけど、いまいち深く入ってくるものがない。否、無いのではなく読み取れなかっただけか。ストーリーにつられて一気に読み進めるのではなく、ときどき立ち止まって反芻したほうがよい本です。

まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)

まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)