読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

niwacchi.log

niwacchiのログ。

『ジウ1』『ジウ2』『ジウ3』

 警察小説ではあるが、最終的には舞台が大きくなって、なんというか、表現がむずかしいのだが、散開するという感じになって、シリアスというよりは娯楽小説になってしまっているように感じた。その善し悪し別として。展開としては、ちょっと違うかもしれないが、『リング』が初めは純粋な和製ホラーだったのが、『らせん』『ループ』と進むにつれて壮大なスケールのSFになっていくのと似てる気がした。また、読み終わった後でも、本書のテーマをテーマとして受け取ってよいものなのかどうか迷う。単純に楽しむべきなのか、それなりなメッセージとして受け止めるべきなのか。。。

ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)

ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)

ジウ〈2〉―警視庁特殊急襲部隊 (中公文庫)

ジウ〈2〉―警視庁特殊急襲部隊 (中公文庫)

ジウ〈3〉新世界秩序 (中公文庫)

ジウ〈3〉新世界秩序 (中公文庫)