読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

niwacchi.log

niwacchiのログ。

秋刀魚は2つ食べたい

日記

 今日のジョギング、約4.3km、約40分。



 今日から10月。今日から仕事を効率的にこなす!と思っていたら、後輩たちに先に帰られてしまった。別にいいけど。。ちっ。。10月はちょっと忙しくなりそうな予感がする。そろそろ有給休暇を消化したいと思うが、どうするかな。あと、今週は内定者懇談会がある。ちょっと話すことを頭の中でシュミレートしてみたが、甘い言葉は思いつかない。もしかしたら前代未問の人数の内定辞退者がでるかもしれないが、それでも入社してくれた人たちこそ「人財」ということなんだ!!!、、、と、思うことにしよう。



 今日の夕食は昨日買った秋鮭の切り身ではなくて秋刀魚を食べたいと考えながら帰宅したら秋刀魚が焼けてた。でも、2つ食べたかった。



 ちょっと思ったこと。禁断の法則。「残業しない人ほど手取りの給料が低い」ということについて。とりあえず、残業をいっぱいする人にはいろいろあるわけで、「効率的にやってもおっつかないくらいの仕事量がある」「いまいち効率的にやれてないけど仕事量が多い」「残業代目当てでのほほんと作業する」などなど。何で計ればいいのだろう。よく言われるのが「仕事の質で計ろう」というものだが、実はこれも漠然としてる。もう業界全体が「こんなソフトウェアを使うようになったらいままでこんなにお金がかかっていたことがこんなに少ないお金しかかからなくなったよという効果をお金に置き換えたその金額が業務システムの開発の対価です」ってある日突然決めないとなかなかすすまないのではないかと思う。ただ、その金額が「労働時間」の対価としても成立しうるかどうかという別の問題もあって、なかなか難しい。受託開発も形態は様々で、丸投げしてもらって受託側で完全に人員をやりくりして成立しうる仕事もあれば、顧客と一体となったチームとして随時コミュニケーションをとりながらでなければ成立し得ない仕事もあると思う。前者と比較して後者が劣っているということにはならないと思ってる。

 あれ?お金の問題からちょっとずれたけど、今はあまりお金がモチベーションじゃないので、こんな位置づけってことかな。。