niwacchi.log

niwacchiのログ。

Ubnutu on VirtualBox on Mac 一式メモ

備忘録。

  1. ubuntu20 のisoをダウンロード
  2. virtualboxにて仮想マシン作成。メモリは4096、ディスク容量は可変にしておく。

  3. isoから仮想マシンにインストール

  4. NATのポートフォワーディング設定。ホストからゲストへの接続用。ssh、http、httpsの分を作成

  5. 共有フォルダの設定。永続化設定もしておく。

  6. 共有フォルダの操作確認

  7. openssh-serverをインストール。ssh接続確認

  8. 仮想マシンのヘッドレス起動のコマンド用シェルをつくっておく。start、shutdown、poweroffあたり。

GUIを使う作業はMac側で行う。コマンド作業はUbuntu側で行う。

フロントエンド開発時の参考サイトなど

JavaScript Primer - 迷わないための入門書 #jsprimerを通読したので、改めて、フロントエンド開発の作業時に参照するサイト、書籍を整理してみた。なるべく絞って。

サイト
書籍


jsprimerを読んでいて感じたのだが、jsの知識だけじゃなくてプログラミング用語の意味を改めて確認しながら読めたのが良かった。

と同時に、いまさらそのように感じるのは、年齢とともに記憶が衰えているからではないかと考えてしまい、やや老いに対する恐怖心が増した。

『動かして学ぶ!Laravel開発入門』

新しいめのLaravel本を読みたかったので、通読してみた。
『Laravel入門』『Laravel実践開発』は紙の本で読んだけど、やはり電子書籍だといろいろ都合がいい。
普段何気なく使っているけど、改めて再確認した点をメモ。

フラッシュデータ
  • 一時的にセッションに保存されるセッションデータ。
  • 直後のHTTPリクエストの間だけデータを保存。それ以降は削除される。
  • $request->session()->reflash$request->session()->keep(['key1', 'key2'])などでさらに次のリクエストまで持続させることができる。
dd関数
  • dd($varialble)のように記述すると、その行で処理実行を停止できる。デバッグ目的で使用する。
ddd関数
疑似フォームメソッド

その他、参考にしたこと。

動かして学ぶ! Laravel開発入門 (NEXT ONE)

動かして学ぶ! Laravel開発入門 (NEXT ONE)

  • 作者:山崎 大助
  • 発売日: 2021/03/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)