読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

niwacchi.log

niwacchiのログ。

『美丘』

 「ぼく」による過去形の語り口調で物語が進むという内容。「ぼく」と「きみ」の恋愛ストーリーで、「きみ」は不治の病であるという典型的なパターンなのだが、それをどうやって料理するのか、石田衣良のお手並み拝見といった感じで読み始めたが、かなりよかった。特に背景や心象の描写が丁寧なところが素晴らしい。題材が目新しいものでないだけに、その良さが際立っているように思う。特に最近読んだ石田作品の中でも、心象の描写に妥協が無い。読む側にとってもリズムがよいのか、文が長すぎず短すぎずで、全体のバランスもすごくよいように感じた。
 基本的には恋愛ストーリーなのだが、生と死というテーマ、死別するということについても考えさせられる部分もある。人生の一瞬を切り取って濃厚な味付けをしてしまう。改めて石田衣良のすごさを確認させられた作品だった。

美丘 (角川文庫)

美丘 (角川文庫)